自律神経失調症に負けない|不安からの脱却

女医
このエントリーをはてなブックマークに追加

最新記事一覧

生活習慣病を治療するには

肥満

肥満が改善されるだけで、あらゆる生活習慣病のリスクを軽減することができるようになるでしょう。そのため、医療機関による肥満外来に足を運ぶ方も多くなっているのです。

詳細

おすすめ関連リンク集

  • 自律神経失調症の改善大百科

    自律神経失調症の怖さを知っておいて、適切な治療を受けておこう。様々な療法があるので状況に合わせて導入してみよう。

早めに相談しましょう

先生

都筑区で海外への渡航が決まっている方や海外から帰国した方は内科で健康診断を受けるようにしましょう。また、都筑区の内科では渡航に必要となる各種の健康診断やワクチン接種をはじめ、必要となる証明書の作成なども行なっています。

詳細

乱れた自律神経への対処法

女の人

原因不明の症状が続く時は

自律神経失調症は、自律神経を構成している交感神経と副交感神経のバランスが乱れて起こるものです。症状としては原因不明のだるさや頭痛、耳鳴りやめまい、あるいは下痢といった症状が起こります。また焦燥感や落ち込み、感情の起伏が激しくなるなどの精神面での症状も見られます。なぜこのような症状が出るのでしょうか。それは自律神経は、多くの器官をコントロールしているからです。そのためバランスが乱れると、様々な部分に症状が出やすくなってしまいます。自律神経の乱れは、元々の性格やストレスに加え、生活のリズムの乱れ、ホルモンバランスなども原因となりますので、これらをまず改善するようにしましょう。一方で、本当は別の病気なのに、自律神経失調症と思い込んでいて、早期発見を見逃すこともあるので注意が必要です。

治療方法と食生活の改善

最初は自律神経失調症であるとわからないことも多いので、まず内科や胃腸科などを受診してみましょう。自律神経失調症とわかった時点で、心療内科や神経科を紹介してもらえます。治療方法は主に対症療法となり、漢方薬を含む薬剤による治療が一般的です。その他にはセルフコントロール、カウンセリングや整体、ストレッチなどを用いることもあります。それから食生活によって、自律神経失調症を緩和できることもあります。この場合はまず、神経の働きを正常化するビタミンB群、ビタミンAやEなどを摂るようにしましょう。またカルシウムやマグネシウムは、イライラを鎮めて、精神状態を安定させる働きがあります。それからストレスがかかると、ビタミンCが大量に消費されますので、定期的にビタミンCを含む野菜や果物を摂りましょう。

こまめな通院が可能に

看護師

人工透析とは、透析器に血液を送り込み、老廃物を除去した上で体に戻すことです。これは、2日に1回ほどのペースで通院する必要があるので、送迎サービスを行なっている病院を選ぶといいでしょう。

詳細